機動戦士ガンダム エクストリームバーサス (EXVS) 上達への道(攻略情報)

機動戦士ガンダム EXTREME VS.(EXVS)の対人対戦に勝つために強くなるための攻略情報を紹介しています!初心者から上級者までを対象に、主に立ち回りや各機体ごとの戦略などについて情報をまとめています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

(EXVS)覚醒の重要性

『覚醒を制するものが試合を制す』

初心者や中級者の方でも、
覚醒の重要性やシステムを理解していない人が多いと思います。

覚醒は、劣勢な試合をひっくり返すことが出来るチャンスを生む重要なファクターです。

ぜひ覚醒の重要性およびシステムを理解しておきましょう。


■覚醒の重要性
覚醒の重要性は下記の通りです。

・ブースト切れで着地を取られそうでズンダで150ダメはもって行かれそうなとき、
 覚醒をすることで150のダメージを回避することが出来て、
 逆に相手にズンダで150のダメージを与えるチャンスが生まれる。

 つまり、その差300ダメージ分有利になることになります。


6000コスト分の撃墜に必要なダメージ換算は大体1600~1800なので、
この300ダメージの有利は相当大きいことが分かります。

また、上記以外にも優秀な使いきり武装が復活するなどの恩恵もあります。
(例:ガナーザクのブレイブザク、クロスボーンX1改のトビア)


※覚醒の使用タイミング
上記の理由から、覚醒はなるべく多く使ったほうがその分アドバンテージを得られます。

したがって、3000、2500コストはもちろん、2000コストも
一落ち前の半覚醒を実施することを強くオススメします!



覚醒ゲージを溜めて覚醒抜けのために全覚醒をすることも考えられますが、
その場合覚醒の恩恵は一度しか受けられません。

全覚醒で一度のアドバンテージを得るより、
半覚醒を2回して2度アドバンテージを得ることを基本的にオススメします!


なお、3000コストは半覚醒3回を絶対狙いましょう!
一落ち後になるべく早く半覚醒して3回目の覚醒ゲージが溜まるようにしましょう。

1000コストの場合は、全覚醒を狙うメリットがないので
半覚醒が溜まったらさっさと使ってしまいましょう。
スポンサーサイト

| 覚醒の重要性 | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

(EXVS)覚醒のシステム

■覚醒のシステム
覚醒のゲージが溜まる主な要因は下記の二つです。
・非覚醒時に撃墜される
・非覚醒時にダメージをうける


つまり、覚醒時に撃墜されると、覚醒ゲージが0の状態で
復帰するため、非常に損失が大きいです。


3000コストの場合は、非覚醒時に撃墜されるだけで
覚醒ゲージが約45%ほど溜まるので、約半覚醒一回分の損となります。


また、覚醒時にダメージを受けると、そのダメージ分覚醒ゲージが
後で溜まらなくなってしまいます。


HP580の2000コストが瀕死の状態で覚醒ゲージが溜まるかどうかギリギリのラインです。

上記のことを考えると、
例えば一落ち後のHP580の2000コストが覚醒して、
覚醒中にダメージを受けてHP380になったとします。

HP380では再び覚醒を狙うのは非常に厳しいことが分かります。


まとめると、
・覚醒中に撃墜されるのは、約半覚醒一回分の損
・覚醒中にダメージを受けるのは、その分覚醒ゲージが溜まらなくなる


つまり、覚醒のアドバンテージを活かすためにも、
・覚醒中は絶対に撃墜されるのは避ける!また、なるべく被弾をしないようにする
ことが重要だということがわかります。


■覚醒まとめ
覚醒については下記のことを守れば大きく有利になるでしょう。

・基本的に一落ち前に半覚醒をするようにする。
・覚醒中は絶対に撃墜されるのは避けて、被弾もなるべく避けるようにする。



逆に言えば、下記のことが実行できれば勝利は目前です!

・敵機を一落ち前に半覚醒させずに落とす
・敵機を覚醒中に撃墜する、もしくは覚醒中にダメージをたくさん与える



要は、覚醒を多く使ったほうが有利になるので、
覚醒を多く使えるように(相手には使わせないように)行動しましょうということです♪

| 覚醒の重要性 | 07:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。