機動戦士ガンダム エクストリームバーサス (EXVS) 上達への道(攻略情報)

機動戦士ガンダム EXTREME VS.(EXVS)の対人対戦に勝つために強くなるための攻略情報を紹介しています!初心者から上級者までを対象に、主に立ち回りや各機体ごとの戦略などについて情報をまとめています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

(EXVS)上達するための心構え②

上達するための心構え②

・場全体を考えてのプレイについて

 1.コストシステムの理解
  低コストが先落ちが論外なのは基本中の基本ですが、重要性を理解していない人が多いので。


 2.コストを意識した役割分担

  高コストには高コストの、低コストには低コストの基本的な役割があります。
  高コストはダメージを取ること。低コストは狩られないようにすること。 
  
  もちろん、基本的なだけで、状況で変わりますが、それでも意識をする必要があります。
  低コストがダメージを無理やり取るために、前に前にと出る必要なんてないし、
  高コストが下がり続けて、攻撃の起点にならないのは話にならない。
  中コストなら、それの比重が半々くらいで両方の機体選択によって変わります。


 3.連携・立ち回り

 ①味方との位置取り
  機体にもよりますが、基本的に味方の近くで。
  サポートできて、相手に無視されない距離。
  位置的には、出来れば敵を中心として十字。
  あんまり場所がかぶりすぎると流れ弾と誤射の原因になります。
  
  特に、前者の距離が大事です。
  わざわざ1VS2をしないで、しっかり2VS2になるような距離にしたほうがお得です。

  距離周りに関しては、基本は近くで、体力とコストによって調節します。
  自分の耐久が低く、かつ味方との体力さがあるようなら若干下がり気味に。
  自分の耐久が高い場合は、少し前気味か、味方に下がるように言う。

 ②連携の基本
  味方の攻撃に対して連携して合わせていくことでダメージを増やせますし、
  ダウンを奪って、一時的にでも1対2を作り出す。

  でもそれだけじゃなくて、攻撃をわざと回避させたり、反撃を誘うことで、
  味方の攻撃を手伝うっていう手段もある。自分が攻撃を当てなくても、
  二人でやってるんだし、味方が動きやすい状況を作るのも連携です。

  前に出て、ロックを集めて囮になるという手段もある。
  囮になってるなら、攻撃は当てられるだろうけど攻撃したらダメージを食らうときは
  あえて攻撃せずに回避に専念したりとかの判断も生まれる。


  立ち周りは、全体の状況と自分がしたいこと、味方がしたいことに合わせて変えていく
  必要がありますが、何をしたいのかをはっきりさせるべきです。

  仮に自分が一人で勝てない相手でも、味方がもう一方に勝ててるなら、
  時間稼ぎをしたり、逃げれるなら味方の援護に回ればいい。

  それに、両方とも勝てそうに無くても、擬似的に2対1にしてみればいい。
  自分を狙ってくる相手に対して回避に集中して、
  味方が狙ってるほうへ、攻撃して援護したり。当たらなくても意味はある。


 4.耐久と状況とのリスク判断
 ①ダウンに関して

  味方がダウン取られたら、実質そのときは1VS2ですので無理をしないで
  防御に徹するのが基本となります。

  ここで無理をすると、味方ダウン→自分もダウン→味方ダウン→・・・で終わります。

  逆にダウンを取ったなら、若干無理目にでも、押し気味でも損はしません。
  味方が見ていることだし、仮にその状態で格闘を食らっても、カットが入るから
  酷いことにはなりにくいです。

  格闘喰らってる味方に対して格闘でカットする場合には注意が必要です。
  敵のもう一方の位置・自分・敵の耐久力によって判断を変えましょう。

  もう一方の敵が近いなら、時間のかかる格闘は基本的にNGです。
  絶対カットされますし、下手すれば格闘で喰らって大惨事になります。

  素直に、短く終わるもので、たとえば、横N>メインとかそういうもの。

  自分の耐久が低いなら、特にあと1発でおちる状態なら、格闘圏内でも
  安全のためビームカットがオススメです。

  逆に、敵の耐久が低く、時間のかかる格闘が入れば撃破または瀕死に出来るのなら、
  自分の耐久と相談して、強力な格闘を狙う価値はあります。

 ②判断周り
  二人に囲まれている状況で、格闘を当てたとしてもカットされれば終わりだし、
  当たるところでも、あえて見逃すというのも選択肢としてはアリです。
 
  自分と味方と敵の耐久、位置、残りコストでその都度変えていく必要がありますが。

  これが出来ていない人が多いと思います。

  耐久がたっぷりあって、味方の耐久のほうが少ないなら、
  当たるか当たらないか半々の攻撃だったとしても、やる価値はあります。
  当たればもちろんプラスだし、はずして反撃を食らっても、それはそれで
  味方との体力調整になるから、そこまでマイナスにはならない。

  もちろん、自分の機体のコストによっても判断は変わりますけどね。
  すべて臨機応変に、ということです。


 このへんを意識するだけで、ぐっと勝てるようになると思います。
 勝てるとやっぱり負けるよりは嬉しいし、楽しいですよね♪
関連記事

| 上達するための心構え | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/11/01 19:27 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/11/01 19:34 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://gundamexvsjyoutatu.blog.fc2.com/tb.php/26-50d5e4d4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。