機動戦士ガンダム エクストリームバーサス (EXVS) 上達への道(攻略情報)

機動戦士ガンダム EXTREME VS.(EXVS)の対人対戦に勝つために強くなるための攻略情報を紹介しています!初心者から上級者までを対象に、主に立ち回りや各機体ごとの戦略などについて情報をまとめています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

(EXVS)回避①

■回避①

・基本的な回避方法

初心者のかたにありがちなのが、
オーバーヒート、もしくはゲージ赤着地を頻繁に繰り返して
着地を取られ被弾している
ケースです。


上級者の方は、こまめに青~黄着地をとっています。

参考までに、下記の動画を見てください。
ttp://www.youtube.com/watch?v=RKaL8eX7IgU

左上のフォビドゥンが良い例ですが、こまめに青~黄着地をしているのがわかります。


回避が苦手ってかたは、まずは青~黄着地をしっかりと身につけましょう。
低空ブースト1~3回で着地(バッタ飛び)。またはブースト⇒慣性ジャンプで着地。

これを繰り返すだけで、ほとんどの攻撃は避けることができるはずです。

被弾を恐れるあまりブーストを使い切ってしまうのは逆効果です。
中距離での青~黄着地を心がけるようにしてください。
意外とBRが避けられることが分かれば世界がひろがりますよ?

---------------------------------------------------------
Wikiからの引用 ~硬直の長さ~
着地による硬直時間は着地時の残ブースト量によって変わる仕様です。
ブーストを半分以上残している場合は約20フレーム、
半分以下の場合はブーストゲージの残量によって硬直が増え続け、
ブーストを使い切った状態からの着地で最大約40フレームの硬直となります。

つまりブーストゲージ半分ちょっとぐらいまでは硬直は変わりません(確定)。
ゲージ黄色は青とほぼ同じ着地硬直です。

オレンジぐらいから増え始め、赤で明らかに増え、オーバヒートで一気に増えます。

・ブーストゲージ半分までは使ってもデメリットなし
・それ以降は一気に目に見えて増え、残り1割~オバヒで約10Fもちがう。

---------------------------------------------------------


コスト別に言えば、
低コストは青~黄着地、高コストは慣性ジャンプで回避をするといいでしょう。


※注意点:いくら青~黄着地とはいえ、敵の格闘圏内ほどの近距離ではBRをもらってしまいます。

 近距離の状態から回避したい場合は、
 斜め後ろブーストで青~黄着地、または、
 斜め後ろブースト慣性ジャンプ
 (その際長め(約1秒)にJボタンを押して高度をとる。後ろにレバーを入れて距離を稼ぐ)
 をすれば、距離が取れて回避しやすいはずです。


また、どうしても近・中距離でオーバーヒートや赤着地をせざるを得ないときがあると思います。

その場合は、
・建物の影に隠れることはできないか
・相手の真下(射程外)に逃げることはできないか

を意識するといいと思います。


中距離、遠距離で有効な避け方というのは、
やはり、方向転換上昇しながらの慣性ジャンプが有効です。
(先ほどもいいましたが、誘導を切るためにしっかりと高度を取るのが有効です。)

とくに、方向転換上昇の慣性ジャンプは、落下中にBRを振り向き打ちせずに打てるので、
回避行動をとりつつ攻撃行動をとれてオススメです。
(特に赤ロックが長い距離の機体では必須のスキルといえます。)

青~黄着地のバッタ飛びでもいいのですが、流れ弾やゲロビなどに引っかかる事故が
よくあるので、なるべく慣性ジャンプを使うことをおすすめします。
関連記事

| 回避の重要性 | 13:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして、こんにちは。

管理者さん、こんにちは。
初めまして、わたしのネームはM太郎です。
エクストリームバーサスの対戦で行き詰まった状態でたまたまこちらのサイトを発見しました。

内容は非常に参考になりますね。
回避についても非常に参考にさせていただきました。
あと、シールド防御の使い方をご教授ください。
つい最近、シールド防御を覚えましたけど、いまいち使いこなせません。
ちなみにわたしの使用機体は主にガナーザクとスサノオです。
どちらもタイプが違っていてなかなか上達が難しいです。
あと、スサノオやガナーザクで対クロスボーン対策ってありますか?
対戦で何度もあのクロボンのマントと異常に間合いが長い格闘戦に殺られました。(泣)

| M太郎 | 2011/05/05 05:04 | URL |

Re: 初めまして、こんにちは。

M太郎さん、はじめまして~!
参考にしていただいてるようで嬉しく思います!

> あと、シールド防御の使い方をご教授ください。
> つい最近、シールド防御を覚えましたけど、いまいち使いこなせません。

シールド防御ですが、
・着地時に使う(BDでは避けれなくても盾なら防げるという場面はけっこうある)
が主ですかね~。
・覚醒に対してシールドガードして時間を稼ぐ
という手段もあります。
とはいえ、基本はやはり慣性ジャンプで逃げるにこしたことはないですねw
私もそこまでシールド防御は使わないですけどなんとかやってけますし。

> ちなみにわたしの使用機体は主にガナーザクとスサノオです。
> どちらもタイプが違っていてなかなか上達が難しいです。

ガナーは後衛、スサノオは前衛機体ですもんね、特にスサノオは戦況を把握して
いないといけないので難しいですよね~

> あと、スサノオやガナーザクで対クロスボーン対策ってありますか?
> 対戦で何度もあのクロボンのマントと異常に間合いが長い格闘戦に殺られました。(泣)

まず、クロボンのマントが剥がれるまでは近づかないようにすることですね。
ガナーザクならメインを一発当てられればマントが剥がれるので遠くからメインをねらえばいいと思います。
出来ればチャージでマントごと貫通させるのが理想ですが、そう上手くはいかないかもしれませんw
近寄られそうなときの迎撃には特射や特格をつかえばマントは関係ありません。

スサノオの場合は一人ではどうしようもないので
味方と連携してCSやサブを頑張って当てるようにするというところですかね。
また、スサノオなら横特やN特でクロボンを迎撃することも出来ますので片隅にでも覚えておくといいかもです。
(相手は鞭持ちなので、こちらからは闇討ち以外は近づかないほうが無難です)

マントさえ剥がれてしまえば、冷静に迎撃すればいいと思います。
ガナーザクならメイン、スサノオならサブで迎撃すれば、クロスボーンからすれば厄介です。

クロボンは「基本近づかない」ことです。
近づかなければ弾数の少ないメインしかないので、近寄られないように牽制しながら距離を離しましょう。

| dai | 2011/05/08 10:41 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://gundamexvsjyoutatu.blog.fc2.com/tb.php/28-6a68460a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。